ウォーキングデッド シーズン7 13話 動画無料とネタバレあらすじ感想

ウォーキングデッド シーズン7 第13話

ウォーキングデッド シーズン7 第13話の動画を無料視聴する方法と、ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ウォーキングデッドシーズン7第13話「決壊した良心(原題:Bury Me Here)」。

更なる銃を求めて悪戦苦闘していたリック達。そして戦うことを拒否していた王国でリチャードが、王国を戦いに向かわせる為にある行動を起こす。キャロル、モーガン、エゼキエル達の覚悟とは。

シーズンあらすじまとめ

シーズン1
シーズン2
シーズン3
シーズン4
シーズン5
シーズン6
シーズン7

シーズン7 あらすじまとめ

<< シーズン6

第1話「惨き鉄槌」
第2話「王国」
第3話「囚われて」
第4話「独裁者の洗礼」
第5話「消せない憎しみ」
第6話「浜辺の村」
第7話「規律と罰則」
第8話「生きる意義」
第9話「戦いの礎」
第10話「瓦礫の牙城」
第11話「自我を失い」
第12話「覚悟」
第13話「決壊した良心」
第14話「密かな断行」
第15話「余地なき選択」
第16話「遺志を継ぐ者たち」

シーズン8 >>

シーズン7 第13話 ネタバレあらすじ


リチャードの陰謀が王国を戦い導く


早朝、自宅を出て王国へ向かうキャロルはウォーカーを難なく倒していく。

王国にたどり着いたキャロルは、壁に群がるウォーカーを音で誘い出し倒していった。その光景を見たベンジャミンは驚きを隠せない。

キャロルは王国内に入ると迷わずモーガンの元へ向かう。キャロルはモーガンに何故、王国にダリル達が来たのかと尋ねる。

モーガンは協力を仰ぎに来たと大まかにしか説明しない。それでも食い下がるキャロルに、ダリルと話をするようにモーガンは言った。

アレクサンドリアに戻るなら一緒に行くと言うが、キャロルは涙を流しその場を立ち去っていった。

帰り道、倒さなかったはずのウォーカーがとどめを刺されて倒れている。キャロルは不審に思い周りを見渡す。


ウォーキングデッド シーズン7 第13話

エゼキエル達は、取り引きの為に移動していると道がカートで塞がれていた。

警戒しながら進むと建物の裏に、”私をここに埋めてくれ”と書かれた看板と墓穴があった。カートを移動し取引場所に向かう王国メンバー。


ウォーキングデッド シーズン7 第13話

取引場所に来ていた救世主に、遅れた理由を説明しようとするが話を遮られてしまう。

そして遅刻の代償として、銃も要求する救世主のギャビン。エゼキエルは反抗するが、事態を収拾する為渡すことにした。

取引のメロンの数を確認したギャビンから、一つ足りないと言われたエゼキエル。数を確認すると、確かに出発時にあったメロンが一つ無くなっていた。

一時間後には数を二倍にして渡すとエゼキエルが言うが、今ここで問題は解決すると救世主側は言いきった。そして、救世主のジャレッドはリチャードに銃を向ける。


ウォーキングデッド シーズン7 第13話

リチャードは覚悟を決めたが、発砲された弾はリチャードではなく後ろのベンジャミンを狙い放たれた。明日、不足分を取りに来ると言い救世主は去っていく。

ベンジャミンの出血が酷く王国まではもたないと判断し、キャロルの家に連れていくことに。家に運ばれてきたベンジャミンを見て驚くキャロル。

手当ても虚しくベンジャミンは、大量出血で亡くなった。

真実を知ったモーガンの行動


モーガンはカートで塞がれた場所へ一人向かう。息子の記憶とベンジャミンが重なり、彼は混乱していた。

近くにあったゴミ箱を蹴り倒すとメロンが出てくる。その時、後方にいたリチャードを思い浮かべモーガンは全ては仕組まれたことだと気づいた。

リチャード元に向かいメロンを投げつけるモーガン。リチャードは、素直に自分が死ぬはずだったと話す。

この一件を利用し救世主を油断させ攻撃すると話すリチャードを睨み、無言のままのモーガン。


ウォーキングデッド シーズン7 第13話

取引場所の駐車場に救世主が現れる。ギャビンは「撃たれた青年は?」と尋ねるが空気で亡くなったことを悟った。

ギャビンは勝手に銃を撃ったジャレッドに怒りを露にし、歩いて帰るように言い追い払う。リチャードは服従を示しメロンを渡す。

そんなリチャードを許せないモーガンは、リチャードに飛びかかり首を絞め殺してしまう。


ウォーキングデッド シーズン7 第13話

ギャビンにリチャードがすべて仕組んだことだと話したモーガン。救世主は納得し立ち去っていく。

モーガンは冷静さを失っており、エゼキエルに説明する際、ベンジャミンの名前を自分の息子の名前で呼んでしまう。

エゼキエル達を先に帰らせたモーガンは、リチャードの頭を刺し墓穴に埋めたのだった。


ウォーキングデッド シーズン7 第13話

真実を知ったキャロルの行動


ウォーカーを倒しながらキャロルの元へ来たモーガン。血に染まるモーガンを見て、何かあったのと尋ねるキャロル。

リチャードの陰謀でベンジャミンが亡くなったと話し、キャロルに真実を告げた。グレンとエイブラハムがニーガンに殺され、支配下に置かれたリック達のこと。スペンサーやオリビアも殺され、救世主と戦う為に王国に来たこと。

キャロルは涙を流し動揺している。モーガンは一人で救世主を倒しに行こうとするが、キャロルが止め家に留まらせた。


ウォーキングデッド シーズン7 第13話

王国に向かったキャロルは、エゼキエルに戦いに備えるようにと話す。エゼキエルは「戦うが今ではない」と話し、畑に戻っていく。

キャロルの家でモーガンは、棒の先端を削り尖らせていた。

シーズン7 第13話 感想


悲しい事件により、キャロルとモーガンが立ち上がりました。

戦わなくても大事な人を亡くすのなら、戦って彼らが生き抜ける確率を上げたいですよね。何もしないことによる後悔の方が辛いですから。

これ以上仲間を亡くさない為に、その一心なんでしょう。次回はいよいよ浜辺の町でしょうか。

シーズンあらすじまとめ

シーズン1
シーズン2
シーズン3
シーズン4
シーズン5
シーズン6
シーズン7

シーズン7 あらすじまとめ

<< シーズン6

第1話「惨き鉄槌」
第2話「王国」
第3話「囚われて」
第4話「独裁者の洗礼」
第5話「消せない憎しみ」
第6話「浜辺の村」
第7話「規律と罰則」
第8話「生きる意義」
第9話「戦いの礎」
第10話「瓦礫の牙城」
第11話「自我を失い」
第12話「覚悟」
第13話「決壊した良心」
第14話「密かな断行」
第15話「余地なき選択」
第16話「遺志を継ぐ者たち」

シーズン8 >>

ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を見る方法


ウォーキングデッドの動画はシーズン1~8までHuluにて見放題配信されています。

Huluは2週間は無料で使うことができるので、その間であれば一切料金もかかることなく動画を楽しむことができます。

また、シーズン1~6まで日本語吹き替え版が配信されている唯一のサービスでもあります。

10月23日(月)からはシーズン8が日本最速で配信されています。

⇒ ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する




ウォーキングデッドのコンテンツはHuluが一番充実していますが、U-NEXT、dTVでもシーズン1~7の動画を配信していて、10月からは同じくシーズン8を視聴することができるので、Huluの無料期間が終わる方はそちらをオススメします。

⇒ 31日間無料のU-NEXT

⇒ 31日間無料のdTV


9月8日からシーズン7のDVDのレンタルも始まりました!

無料でレンタルする方法をまとめました ⇒ シーズン7のDVDを無料レンタルする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です