ウォーキングデッド シーズン7 犠牲(死亡)者について

ウォーキングデッド シーズン7

海外ドラマではメインの登場人物が死んでしまうというのはよくありますが、ウォーキングデッドも同じく。シーズンを重ねるごとに犠牲者は増えていきます。

それが視聴者を熱くするところでもあったりするのですが、シーズン7でも多くの犠牲者が出ました。

この記事では、そういう観点からシーズン7を振り返ってみたいと思います。

ウォーキングデッド シーズン7での犠牲者たち


シーズン6の最終話では「ニーガンによって殺されたのが誰か?」というクリフハンガー(盛り上がったところで結果を見せないまま終わる演出手法)で終わりました。

そんななか迎えたシーズン7というわけですが、まず、ニーガンによって処刑される人間がようやく明らかになりました。

ネットの予想では、ダリルかグレン、という意見が多かったようですが、殺されたのはひとりではなく2人です。

エイブラハム


まず最初に殺されたのはエイブラハム。


ウォーキングデッド シーズン7 第1話

これは原作コミックを読んでいる人には意外ではなかったようで、原作の展開と歩調を合わせるための処置、という見方がされています。

主要キャラの中でも精力絶倫だったエイブラハムですが、ロジータとサシャという、彼と深い仲になった女性ふたりの前での死というのは一種の哀れを誘います。

グレン


そして2番目に殺されたのが、「やはり」という人も多かったグレン。


ウォーキングデッド シーズン7 第1話

エイブラハムと同様、ニーガンの「ルシール」(有刺鉄線を巻きつけたバット)によって滅多打ちにされるのですが、その最期は主要登場人物の死の中でも凄惨の一言。

ここまで残酷に描かなくても、と思えるくらいです。ただ、ここまでの残酷な殺され方だったからこそ、リックたちのニーガンへの怒りがそろって湧き上がってくるわけでしょう。

ウォーキングデッド シーズン7 第1話 動画無料とネタバレあらすじ感想

2016.10.25
このふたりの犠牲を手始めに続々と死者が出るのですが、このシーズン7の1番の特徴は、ウォーカーによって殺された人間がひとりもいない、という点です。

これまでは必ずウォーカーの被害者が出て、それがドラマの展開に絡むことも多かったのですが、ニーガンという大悪党が登場したせいでウォーカーの存在が背景へ後退し、グループ同士の血で血を洗う闘争という側面が色濃くなっています。

殺されていくのは、その対立ぶりを象徴するかのように救世主とアレクサンドリアの住人ばかり。その中にはスペンサーやオリビアのような重要な脇役も混じっています。

スペンサー


ウォーキングデッド シーズン7 第8話

アレクサンドリアにやってきたニーガンにゴマすりをしましたが、リックをダシにしたやり方が気に食わないとニーガンのナイフのえじきとなりました。

オリビア


ウォーキングデッド オリビア

スペンサーが殺された直後、ロジータがニーガンに向かって発砲した為、罰として殺されました。

ウォーキングデッド シーズン7 8話 動画無料とネタバレあらすじ感想

2016.12.13

サシャ


ウォーキングデッド シーズン7 第16話

そしてこのシーズンの掉尾を飾るのが、冒頭のエイブラハムの死と対応するかのようなサシャの死です。

自己犠牲という点で、彼女の死はこれまでのシリーズの中で最も劇的なものでしょう。これによってニーガンの絶対王制的権力は崩れ、大規模な戦争へと突入してゆきます。

ウォーキングデッド シーズン7 16話 動画無料とネタバレあらすじ感想

2017.04.03
他にアレキサンドリア含む連合軍の犠牲者では王国のベンジャミン、リチャードがいます。


ウォーキングデッド シーズン7 第13話

ウォーカーより人間同士の争いの方がよっぽど怖い、という印象を与えるシーズン7でしたが、シーズン1からのレギュラーだったグレンをはじめ、エイブラハム、サシャというおなじみのキャラクターが続々と死ぬという点でも異色のシーズンでした。

アメリカのドラマ


いつ頃からか、アメリカのテレビシリーズでは、ストーリーの要になるような重要な登場人物を何の躊躇もなくドンドン殺してしまうようになりました。

そして、それがファン、あるいはファンでない人の間でも話題を呼ぶため、今ではどうしても下がってくる視聴率を回復させるためのカンフル剤的な役割を果たすようになっています。

元祖となった「87分署シリーズ」


調べてみると、この手の重要キャラを殺してしまうシリーズの元祖は、日本でも有名なミステリー作家エド・マクベインによる「87分署シリーズ」のようです(エド・マクベインはヒッチコックの「鳥」の脚本を書いたことでも知られています)。


87分署

この「87分署シリーズ」では主役級の扱いの刑事たちをどんどん殉職させ、それまで「重要な登場人物は死なない」と思い込んでいた読者たちの度肝を抜きました。

あくまでこの「87分署シリーズ」は小説なのですが、テレビ・ドラマされ、それが日本でも公開されて人気を呼びます。邦画にも影響を与え、黒澤明と市川崑という両巨匠が独立した長編映画(「天国と地獄」「幸福」)としてこのシリーズを映像化しています。


天国と地獄

また、大昔に「太陽にほえろ!」というテレビシリーズがあり、萩原健一や松田優作扮する若手刑事がどんどん殺されていくので人気が出ました。

実はあれもこの「87分署シリーズ」の真似です。特に松田優作が殺されるところは名場面として有名で、年配の方なら「なんじゃこりゃー」というセリフを記憶している人も多いでしょう。


太陽にほえろ 松田優作

犠牲者は誰か、というクリフハンガー


「ウォーキングデッド」もこれほどの大ヒットとなったのは、やはりまるで友人のように馴染みになった登場人物をドンドン殺していったことが少なからぬ理由になっていると思います。

制作サイドでもそれを十分に分かっているせいで、シーズン6ではそれを利用(悪用?)したクリフハンガー的な展開を見せるようになっています。シーズンファイナルのニーガンによる処刑場面はその最たるもので、案の定、これまでのシーズンで1、2位を争う盛り上がりとなりました。

ただこれは両刃の剣で、ファンの心理を下手に操ろうとする小狡い手法だとして、非難の対象にもされています。

いよいよ次のシーズンでは戦争が始まりますが、一体誰がどんな風に犠牲になるのか、原作を参照しながら予想してみるのも一興でしょう。

ウォーキングデッド シーズン8 原作7巻からあらすじをネタバレ予想!

2017.08.13

ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を見る方法


ウォーキングデッドの動画はシーズン1~8までHuluにて見放題配信されています。

Huluは2週間は無料で使うことができるので、その間であれば一切料金もかかることなく動画を楽しむことができます。

また、シーズン1~6まで日本語吹き替え版が配信されている唯一のサービスでもあります。

10月23日(月)からはシーズン8が日本最速で配信されています。

⇒ ウォーキングデッド シーズン1~8の動画を無料視聴する




ウォーキングデッドのコンテンツはHuluが一番充実していますが、U-NEXT、dTVでもシーズン1~7の動画を配信していて、10月からは同じくシーズン8を視聴することができるので、Huluの無料期間が終わる方はそちらをオススメします。

⇒ 31日間無料のU-NEXT

⇒ 31日間無料のdTV


9月8日からシーズン7のDVDのレンタルも始まりました!

無料でレンタルする方法をまとめました ⇒ シーズン7のDVDを無料レンタルする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です